teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 技術品発案スレッド(0)
  2. 組織発案スレッド(0)
  3. 区画発案スレッド(0)
  4. 【第×世界】発案スレッド(0)
  5. イベント発案スレッド(0)
  6. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:くぁ  投稿日:2014年 9月19日(金)13時14分3秒 aa2008031381d312c416.userreverse.dion.ne.jp
返信・引用
  鳥山石燕  
 

(無題)

 投稿者:くぁ  投稿日:2014年 9月19日(金)10時34分15秒 aa2008031381d312c416.userreverse.dion.ne.jp
返信・引用
  規律に対する恐怖、精神的恐怖、肉体的恐怖、知的恐怖

ビームの未発見物質化、再解釈、再構築(改変)
 

【殺戮鬼】

 投稿者:ラピス=ラズリ  投稿日:2013年 7月31日(水)21時48分34秒 p32089-ipngn602sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  「はいはいどもどもっ、ラピス=ラズリ、特技は殴殺斬殺轢殺毒殺なんでもござれの16歳でっす! 因みに今から殺すけどどれが良いかな?」


名前:ラピス=ラズリ(偽名)/lapis=lazuli
性別:女
年齢:16
種族:人間
所属:現状無所属、只の学生
仇名:【殺戮鬼】


・:外見:・
瑠璃色の瞳と、ショートにした瑠璃色の瞳が特徴的な少女。
身長は140後半と小柄であり、体も細身。しかしながらよく鍛えられている事が分かる肉体。
平時は学校の制服を着ており、スカートの下にはハーフパンツを履いている。
また、普段は眼鏡をかけているが仕事中には外している。

・:経歴:・
代々依頼を受けて人を殺し続ける一族に生まれてきた少女であり、長女。
要するに、一族の次期当主であり一族最高の殺戮技能を得るべくして生まれ育てられてきたと言える。
ただし、殺戮と感情は全く別の所にあるため、殺人狂であったり人を殺さないと正気を保てないわけでは決して無い。
ただ単純に、殺すべき時に私情を全く挟まず即座に対象の殺害に向けて行動できるというだけのこと。
当主を継ぐにはまだ条件を満たしていないようで、真面目な性格もあって日々鍛錬と仕事と恋と勉強と食事と睡眠に勤しんでいる。
また、戸籍も名前も偽物だが、そもそも本人が本名も誰が本当の親かも知らない為、真実を知ることはできない。


・:性格:・
極めて快活で、よく喜びよく怒りよく哀しみよく楽しむ性格。
基本的には真面目で日頃やるべきこと(宿題や家事やバイト(殺戮行為))は欠かすことがない。
ただ、少々考えなしに動く面がありよく色々な事に首を突っ込んでは死体を作ってしまう。
また殺戮行動時も基本的には普段と変わることは無く、ほとんど無意識に殺人を行えう事が可能。
当然ながら意識したほうが効率は良い。


・:道具:・

刀剣――瑠璃椿
ラピスの手に相応しいように作られた短刀であり、極めて頑強かつ鋭い切れ味を持つ。
妖刀であり、折られても月光の元で一晩置けば次の日には刀身が復活している。
基本的に特殊な能力は無く、完全に短刀としての用途を極めただけのシンプルな一品。

護身――グローブ・ブーツ
足と手に付けられる、特殊繊維で作られたグローブと靴。
一定以上の衝撃を受けると硬化する性質を持ち、さらに防刃防弾耐火速乾性能付き。
異様に鍛えた足と拳にはあまり必要のないものだがお母さんに女の子は体を大切にするものと言われている為つけている。


・:能力:・

異能――自我侵食[エゴ・トランス]:不撓不屈[ルート・セレクタ]
本能や理性を超越するほどの強い望み、渇望を鍵として世界のルールを書き換える異能。
ルールの書き換えは、「~になりたい」「~でありたい」などの自己に向く場合は自己を変貌させる形で展開される。
逆に「~したい」「世界が~であってほしい」などの他者や外界に向ける場合は自己の周囲に結界として展開される。

ラピスの場合は自己収束型。その渇望は「自分の限界を見たくない」というもの。
その渇望から生まれたルールは、『自分の選択肢を同時に選択する事が出来る』というルール。
わかりやすく言えば、右で蹴りを放つ事が可能な時に左ストレートも可能であれば、その両方の行動が可能であるという事。
あくまでもその時点で不可能な事は選択できず、さらにコンディションによって同時に可能な行動数も変わってくる不安定なものだが強力。
単純な分身能力とはまた違うようであり、まだまだ発展の余地のある未発達な能力である。

また、単純に強化される事は無いが能力の副産物として鍛えれば鍛えただけ上限無く強くなることができる。
才能のあるなしにかかわらず、常に努力し続ければ学べる技能は総て習得することが出来る。
ただし、鍛えない限りは単なる一般人と全くして変わらない上、人間の限界以上まで鍛えるとなると常軌を逸した鍛錬が必要となる。
そして、通常人間というものは肉体を保護する為にリミッターを用いているが、彼女にはそれがない。
要するに、同じ身体能力、同じ性能の肉体を持っている場合でも、彼女と普通の人間では稼働率が段違いであるということだ。

身体――異常鍛錬
肉体の構造は普通の人間のものであり、体格もそれ程優れているわけではない。
だがしかし、通常その肉体ではありえないであろう、人間の限界値異常までその肉体は鍛えられている。
手は日頃の鍛錬により、正拳は槌、貫手は槍、手刀は刀と遜色ないレベル。
また足も、蹴り方にもよるが破城槌や大鉈と同等の破壊力を誇り、他の肉体も武器が不要なレベルの凶器。
毒物や痛みや拷問に対しても日頃慣れる為に限界に挑戦し続けており、並大抵では音を上げない。
武器を不要とするその肉体の強度は、人が鍛錬によってたどり着きうる中でも最高クラスだと言えるだろう。

本能――殺戮理論
何百年にもわたって受け継がれ、修練を収斂しつづけて作り上げられた殺戮理論。
物心付く前から人の殺し方を教えられ、殺人者と殺人者を掛け合わせる事でより優秀な殺人者を創りだした結果、本能に根ざす殺戮技能がラピスには身に付いている。
常に無意識ながらどうすれば殺せるかを思考し続けており、行動が必要となった場合には直ぐに殺害できるような精神構造。
それらの殺人によって罪の意識を抱くこと無く日常に溶け込める隠密性。
そして、誰に教わるでもなく自己の個性に最適化された殺戮技法[キリングスタイル]を生み出すことができる独自性。
それらを総て兼ね備えた者のみが、当主の器と認められる。

・:弱点:・
回避のしようがない攻撃(MAP兵器とか、壁際に追い込まれての機銃掃射とか)
殺せない相手
美味しくないもの
つまんないもの

・:得意:・
甘いもの
しょっぱいもの
すっぱいもの
辛いもの
苦いもの
美味しいもの
食べれるもの
かわいいもの
カッコ良いもの
面白いもの

「あ、死んじゃった? ……じゃ、次いこ次! さーって、次のお仕事はどっこかなー?」
 

(無題)

 投稿者:22:43  投稿日:2013年 5月 6日(月)13時38分50秒 p7073-ipngn101aobadori.miyagi.ocn.ne.jp
返信・引用
  [名前] 筑波 黒 -Kro Tsukuba-
[性別] ♂
[年齢] 17
[身長・体重] 163cm・52㎏


[容姿]
童顔、実年齢より若干幼く見られる。通常時は真っ黒な黒髪を肩口ほどまで伸ばし、乱雑に切りそろえている。
感情が揺れる(怒り、驚き、恐怖など)と髪が腰くらいまで伸びる。
伸びると1時間程その姿になり、ぱっと見性別の判断がしづらくなる。
服装は薄手のシャツにパーカー、ジーンズと軽装。


[性格]
二重人格。表と裏があり、状態によって口調や判断力に差が出る。人格が替わるタイミングは、黒自身が
"相手が自分に対して有益では無いもの"と感じた状態で、何らかのきっかけ
(攻撃される、不快な発言、不審な行動など)があった時に代わる事が多い。
しかし、これといった理由が無くても変わる事がある。

 <表人格>温厚、常識人。基本的に砕けた敬語でしゃべる。怒る事はあまりないが、それでも人並みに怒る。

 <裏人格>冷静。判断力が普通より上がり、戦闘やその他の物事に対して落ち着いて対処する。
口調はさほど変わらないが、何処か冷たい感じになる

 <共有人格>何かが原因でキレると周囲に対しての破壊行動を執り、体力の限界を迎えるまで続ける。
意識の有無は不明。要するに暴走。


[能力]
<空間操作-Space operation-/ランク7>
黒の主となる能力。
操作と言っても、空間内の点Oを始点に、そこから任意の点Pに物質、エネルギー、空間そのものを移動させる能力。
始点の位置を点Oとし、そこから点PをX、Y、Z軸から決定。
それぞれの軸の値を何らかの形で求めなければならない。

値の求め方の例として、目測、三角測量、一定距離の二地点で、片方を移動させた時の比率測定、
一定速度で移動した時の時間から累積させる方法など、様々な方法がある。

一番良く使うのは三角測量だが、時間が無いときは目測で飛ぶ。しかし、どの方法を使うにしても、
X、Y、Z軸から位置を決定しないといけない点は同じである。
また、処理内容を最小限に抑える為、二次元的な移動
(X、Y座標のみの計算で、グラウンドの端から端への移動など)のみを行う事もある。

特徴として、瞬間移動のように一瞬で移動できる訳ではなく、距離に応じて移動にラグが発生する。
おおよそ100mの移動で0.5秒のラグが発生するが、その時の状況によって若干誤差が出る。

そしてこの能力にはいくつかの制約や条件がある。
1.能力を行使する場合、その対象が自分に触れている。または自身の周囲10m以内に存在すること。
2.操作可能な対象は、現実的な質量、体積の物に限る。
3.元々物体が有った座標に物体やエネルギーを飛ばした場合、既存の物を押し退けて転送される。
4.能力が使用できるのは、能力者に意識があり、計算能力がある場合のみ。
5.平面移動の際、三角測量ではユークリッド面で計算する為、長距離の移動では誤差が生じる。


<エネルギー分離-Energy separation-/ランク6>
物質、物体にある既存のエネルギーを、ほぼ100%切り離す能力。
完全にエネルギーを分離できない事には理由があり、
その物体や、物質が形を保つ上で必要なエネルギーは分離出来ないからである。
また、分離してすぐ何等かの操作を行わないと、分離したエネルギーが周囲に拡散してしまう。
故に、重物質を核に変えたりすることは出来ない
(原子構造を破壊する所までエネルギーを分離させる事が出来ない為)
副産物として、この操作を行った物の温度を急激に下げる事が出来る。


<発現-Realization of the letter which wrote->
チョークで書いた文字が文字自身の意味通りに働く能力。
爆と書けば爆発が起こるし、硬と書けば書いた物体が硬化する。
普段はコピー用紙に予め書いてある物を使うが、床や天井などに書いて使ったり、
複数の文字を組み合わせて複雑な攻撃をしたりなど、応用が利く能力。
因みに、チョーク以外の筆記用具で書いた文字も有効。


[武器・装備]
<sv-98>
全長:1270mm 重量:6.2kg 装弾数:箱型弾倉10発 有効射程:1200m 作動方式:ボルトアクション
即射性に優れた銃で、市街戦において力を発揮する。
普通は伏射体制で撃つが、銃身に停止の文字が書き込まれている為、
直立した体制で射撃を行う事が可能。

<サバイバルナイフ→2本>
刃渡り12cm、全長25cmのサバイバルナイフ。腰両脇のケースに収納。
戦闘だけでなく、ワイヤーソウ、方位磁針などが複合された切り出しのナイフ。
柄の部分は空中になっており、発煙筒、フラッシュバンが入っている。
また、フラッシュバン、発煙筒、ワイヤーソウなど、複数の機能が付加されている。、

<チョーク→6本>
普通のチョーク。能力発動時に使用。腰のホルダーにコピー用紙と一緒に収納

<コピー用紙→150枚>
普通のA4コピー用紙。チョークと組み合わせて使う。腰のホルダーに収納。

<ポーチ>
腰にウエストポーチの様な恰好で携帯しているホルダー。
コピー用紙やチョーク、分度器や定規、絆創膏や薬など、最低限のものが、最低限の量入っている。
また、戦闘に直接使用するものは入っていないものの、
能力に関係する定規、コンパスが入っている


[その他]
筑波兄弟の次男。能力柄空間の把握能力が高い。
感情が揺れる(怒り、驚き、恐怖など)と髪が伸び、1時間程その姿になる。
因みに、筑波兄弟の中で最高の移動能力をもつ
 

【流れ者】

 投稿者:鬼無里 シオン  投稿日:2013年 5月 5日(日)17時43分38秒 p15214-ipngn5001marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
返信・引用
  【名前】:鬼無里 シオン
                  kinasa shion
【性別】:雌
【年齢】:14歳
【種族】:人間
【所属】:?
【髪型】:黒髪、長髪を一つにまとめくしでとめている。
【双眸】:赤い目をしている。右目は灰色に濁り斜視が入っている
【服装】:黒いジーパンにサイズの少し大きなTシャツ、上着を羽織っている。店に出ている時はエプロンを付けている。また、街を徘徊する時は天狗の面をつける。
【身長】:155前後
【装備】
弓矢と小刀二本、短剣数本
【経歴】
不明。
つい最近この街へ来て、ある家族に拾われそこで生活している。
まだ学校に通わなくてはいけない年だが初日に顔を出した切り不登校。
着ているものや武器以外に所有しているものは赤い破片の入った小さな袋だけ。
今は拾ってくれた家族が経営している小さな和菓子屋で働いている。


【その他】
にこにこと笑顔を絶やさないが、その顔には火傷あとがある。本人は気にしていない様。
 

【 狂人 】

 投稿者:宮下 金護  投稿日:2013年 4月 5日(金)23時04分57秒 c3b04-123.net3-tv.net
返信・引用 編集済
  「 興味無いな、とっとと此処から出て行ってくれ目障りだ。 」

――――――――――――――――――――――【狂気の果て】――――――――――――――――――――――

【名前】:宮下 金護 / ミヤシタ キンゴ
【性別】:牡
【年齢】:29才
【種族】:人間
【所属】:White Star
【髪型】:さっぱりとしてるほど短い黒髪、切り口が異様に乱雑
【双眸】:淀み、濁り光が消えた黒い瞳、切れ長の一重
【服装】:昔風(幕末程)の地味な衣服であり、黒色系統が大目
【身長】:172.8㎝
【体重】:68.9kg

――――――――――――――――――――――≪異常≫――――――――――――――――――――――

【装備】
―≪ 断 ≫
装飾が一切無く、柄や鞘は黒一色に染め上げられている3m大、18kg以上の超重量の大太刀
此の都市の科学技術により非常に硬度が高い上に、切断性つまり切れ味も非常に高い一品

―≪ 穿 ≫
外的装飾が一切施されていない黒色のトンファーで有り、普段は袖の中にかくされていると言う
その実態は尖端には衝撃で起爆する爆薬が、側部には超速で回転する鋸の刃が仕込まれた一品

―≪ 貫 ≫
右腰のホルスターに入れられている自動式拳銃。外観は装飾無し黒一色で構成されている
其の実、装弾数15+1、三点射、非常に短い連射サイクルと消音機能を持つ独自科学の結晶体

―≪ 刺 ≫
嘔吐、高熱、麻痺、混乱、暴走、様々な状態異常を発生させる毒が塗られた細い針
視認するほどの太さは無く光での反射で見えるか見えないか程度である。
此れは服の裾や縫い目に仕込まれており、靴先に仕込まれた物は射出が可能である。

―≪ 悪 ≫
青年が持つ此の都市の何所かで販売されていると言う薬物≪ 悪 ≫ 形状は白い球体
保有数は5つであり数多い方が効果は強くなる反面、その後の副作用が非常に強くなると言う。
効果は筋肉量の増大、神経反応の過剰化、痛覚の鈍化、筋肉使用規制の撤廃等であり
副作用は幻覚、幻聴、幻痛に苛まれ、精神が徐々に崩壊していくと言った物である。

【経歴】
昔昔、まだ若い時特殊な家庭に生まれ、愛を受けず育った青年はとある学園に入って一目惚れをする。
――時は流れ、その相手と歪な恋愛関係を結んだ青年であったが其れはある人物によって瓦解、少女は死亡。
殺した人物と、その家柄を憎み怨み、総てを世界から排斥するためだけに――復讐の為に生きる。
またその時点で壊れてしまった彼の精神はもう既に直らず、今でも尚最愛の人のみを思い描く。
だから彼は幻覚を見る、幻聴を聞く、―――――記憶の再現が止まる事を知らない。
亦仮面を、和服を、弓を、女性を見た場合瞳は相手ではなく思い人を代りに瞳に写すと言う。
―――――――――――――――そして、其れを直視した場合青年は暴走する、その人物が消える迄。

【弱点】
中距離戦

【台詞】
「 ...何か用か? ――――生憎此方はそんな余裕はないんだ、なぁ、さぁて行こうか 」
 

【 狂乱少女 】

 投稿者:有馬 葵  投稿日:2013年 4月 5日(金)22時12分10秒 c3b04-123.net3-tv.net
返信・引用 編集済
  「 今日和、此処の御団子屋美味しいよね、君も1つ食べる? 」

                        【 狂乱少女 】                        

【名前】:有馬 葵 / アリマ アオイ
【性別】:牝
【年齢】:26才
【所属】:統征宗教 ≪ 特務員 ≫
【髪型】:太腿迄は有るであろう、黒く長い髪
【双眸】:少しばかり緋色の混ざった黒色の瞳、二重。
【服装】:基本色を黒色とした、近未来的なブレザーやセーラー服
【体型】:B-87 W-60 H-88
【身長】:167.3㎝
【体重】:秘密
【人称】:一人称―僕、私 二人称―君、御前 三人称―彼(彼女)、彼奴

                        ≪異常≫                        

【装備】
―≪ 水天宮天叢 ≫
日本国の三種の神器の1つであり、八岐大蛇の尻尾から形成された1m50㎝程の太刀。
川・雲――水と空気を司る神の化身から作られた物だけ有り使用者に液体及び気体の使役能力を付加
また持って居る状態で意思を込めれば濃霧が周囲を勝手覆い、抜いた場合その霧が生物に対する猛毒と成る
蛇足だが、天に向ければ雲を操り、地面に突き刺せば水を発生させ其れを自在に操ると言われている。

―≪ 無弦 ≫
此の都市特性の科学技術で形成されている弦で有り、巻き付かせれば鋼鉄の束を引き裂くと言う。
太さは糸1つ分も無い上に非常に軽く嵩張らない、何よりも視認のし難さは異常だろう。

【体質】:≪ 超人身体能力 ≫
少女の持つ異常な身体能力、今では制御できる出来るのだが、昔は非常に制御できなかった
現在でも意識が外れれば暴走し、際限なく使用される、亦もう既に身体に影響はない。
尚且つ異常速度に達しても其れに適応して体質は過剰化し適応、自己の影響を受けない。
これを用いる事で機械や異人、異常者にも対応し同等の肉弾戦を行うことが出来る。

【異常能力】:≪ 一人軍隊 ≫
少女が師団の能力を完全に展開した場合に置ける、周囲改変であり、収束は少女の意思のみで行われる
其れは少女の意思によって形成され、蠢く漆黒の茨と底無し沼の群体であり、それらが陣を形成し
その範囲内での自動兵装展開、武装展開、兵士出現と言った現象を引き起こすことが可能である。
また其処に限度等は無いが異常性を含んだ物を発生させることは出来ず、顕現した物は任意操作可能。

【精神】
喜怒哀楽が激しく、人当たりはいいのだが好き嫌いがはっきりしている。
亦胸のサイズなど、身体的特徴を気にしており自身を卑下して落ち込む癖を持つ。
但し人見知りが激しい為少女が興味を持たない限りは、少女自身から近づくことはあまりない。

【備考】
経歴不詳、とある筋から入ってきた旅人。
甘い物と辛い物を好み、学力は対してない模様。

【弱点】
召喚、と言う一工程を含む為初手での超高速戦に弱い。

【台詞】
「 残念、私には君じゃ物足りなかったみたい、でも好きだよ?また出直しておいで 」
 

レンタル掲示板
/1