巨石や遺跡の発見と謎解き




162件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[162] 明治神宮の謎解明 その2

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2017年 3月 4日(土)18時01分40秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

著作権放棄です。はやし浩司さんの動画#1258に 16菊花紋が出てきます。
そして、日本で 16枚の花弁の菊は存在しないようだ。と
、、、、、、、、、、、、、、
そこで、Ishtar Gate と明治神宮の第二鳥居を繋ぐと、第三鳥居をピタリ!と通過することが
分かりました。前項で、既に Ishtar Gateから、明治神宮の表参道交差点とを直線で繋ぐと
見事に第一鳥居を通過することを公開しました。
 ズバリ! 明治神宮の表参道と第一鳥居は、Ishtar Gate(宮殿も)を示唆しています
  更に加えて、第二鳥居と第三鳥居で構成する直線も、Ishtar Gateを示唆しています
 更に、表参道交差点のわずか60m北を、NAZACA~二見興玉神社ラインが通過しています

何故、表参道の方向と、明治神宮本殿と第三鳥居で構成する(仮)本参道の方向が全く異なるのか?
この解答のヒントが、はやし浩司さんの動画にありました
マチュピチュ太陽石~屋久島天柱石ラインと、恵那神社~イースター島ラインの交点を CP-MJ とします
それぞれ、距離比率 1:16、および 1:65 で分割する地点です
 1+16=17 →1+7=8、 8方向の矢印は イシュタールの紋章
 1+65=66 →6+6=12、

CP-MJ →35-02-38-61 N, 139-46-50 59 E
第一鳥居 →35-40-12-32N, 139-42-06-77 E
明治神宮本殿 →35-40-34-37 N< 139-41-57-80 E
 CP-GUTTI →35-39-55-72 N, 139-42-42-71 E
     NAZACAと二見興玉神社を繋ぐラインは、表参道交差点の直近(60m)を通過しています
   Ishtar Gate~表参道交差点ライン、との交点です。交差角度は約25度です
※公開済み、埼玉県飯能市久須美の磐座(巨石)、Ishtar Gate~第一鳥居ラインと64mの横ズレです
CP-MJ と 明治神宮本殿との距離は、およそ70.5km
伊那神社と明治神宮本殿の距離は、198km→3UFO、そのまま東へ延長すると5kmで皇居を通過。
本殿の(仮)本参道ラインとの交差角度は、ほぼ90度です。
明治神宮が建てられたのは近年ですが、その位置はずっと古代に決められていた可能性がありそうです

明治神宮の(仮)本参道ライン上に、代々木第一体育館が有ります。丹下健三氏の設計です
体育館のほぼ中央を、この本参道が通過しています。彼の建設秘話によると、、中央付近に
柱を建てることは避けたい!と話していたそうです。あの大きな建築物が両端の2本主柱で構成されて
いる事実は、注目すべきだと思います。"諏訪宮の鳥居"のように考えて設計したようにも思います
  代々木第一体育館、→5-40-03-64 N, 139-42-00-56 E

以上、明治神宮の表参道と本殿の(仮)本参道の角度の違いの謎を解き明かす、一助になれば幸いです
これが次の、Minar of Jam 謎解明のヒントにもなっています




[161] Ishtar Gateと明治神宮と表参道、3つの鳥居

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2017年 2月18日(土)18時04分15秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

著作権放棄です。
イシュタールの宮殿の門。明治神宮の3つの鳥居。表参道の方向。そして相互の距離など
調べて謎の解明が出来たので公開します

まず、明治神宮の表参道、といえば有名なお店が軒を連ねる東京渋谷の名所。でも表参道交差点から
明治神宮の第一鳥居までの約1kmの参拝路の方向と本来の示唆する目的地は何処なのか?
誰も知らないでしょう。でも神社にとって、最も大切なことは参道の方向。何故なら存在意義を
端的に示す物証であり、いちど決められたら何があろうとも1万年以上も変化なく維持されてきた
ものだからです。ズバリ! Ishtar Gateを示唆していること、それが驚愕の事実です
なぜならば、16菊花紋は日本に存在せず、古代バビロンのIshtarを祀った宮殿の壁に沢山表現されている
太陽をも意味する丸い紋章がそのまま、天皇家の紋章とも一致しているからです
相互の距離も、8411km。 これを火星直径の1/100単位=67.9km=1UFOで割ると
およそ、123.8UFO 、つまり 124UFO
  (考察) →1+2+4=7  イルミナティをも意味しているのかもしれません

さらに第二鳥居を、Ishtar Gateを繋ぐと、同時に 第三鳥居も射貫いているラインと成ります
つまり、明治神宮の3つの鳥居が総て揃って、Ishtar宮殿との強い関連性を示唆しています

では、本殿の方向は何故大きく異なり、南を向いているのか??
その回答は、次の通りです

はやし浩司さんのYouTube動画で、、屋久島天柱石とマチュピチュ太陽石をつなぐラインが重要!と
教えて頂きました。イースター島と恵那神社を繋ぐラインも重要なラインです、と

この二つのラインの交点→CP-MJ.   → 35-02-38-61 N, 139-46-50-59 E
其処から約70kmが明治神宮本殿の中心位置。中心軸がピタリと一致しています
つまり、明治神宮は、その参道方向でイシュタール宮殿を指示している
さらに、イシュタール宮殿壁の太陽を意味する紋章(いわゆる、16菊花紋と呼ばれる形)を明示
相互の距離は124UFO 数字を単純に加算すると 7  →考察すると イルミナティなのかも

PS:Ishtar Gate と明治神宮本殿を繋ぐラインの途中に、飯能市久須美の巨石が在ります
   横ズレは僅かに64mです。個人的には、強い関連性有り!と考えています
    飯能市久須美の巨石群、35-52-04-82N,139-16-36-45 E
 他にも、多くのラインがこの磐座(航路石)を通過しています。近々、総括編を考えています



 



[160] Minar of Jam-1

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2017年 2月 9日(木)21時59分37秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

ユネスコ歴史遺産の一つである、マイナーオブジャム Mainar of Jam
34-23-46-84 N, 64-30-57-47 E
それは、奥深い山間部の細い急流の脇に建つ、高い塔である。そして何故其処に有るのか?
由緒など良くわかっていないようです。いつものように著作権放棄&はやし浩司さんの
NAZCAライン理論を、元にして探っていきます。すると簡単に回答が導き出せます

アメリカのSerpent Moundと、Mohenjo-daroを繋ぎます。相互の距離12089km
Serpent Mound, 39-01-30-78N, 83-25-50-37 W
Mohenjo-daro , 27-19-31-26 N, 68-08-00-25 E
  以下、参考に
  ペルセポリス 、29-56-07-60 N, 52-53-29-60 E
  明治神宮 、 35-40-34-38 N, 139-41-57-77 E

12000km前後の距離間で古代遺跡同志が存在する実例は多いです。
今回は、11232km:857km → 距離比率=13:1

※GIZA~Baalbek~山内丸山遺跡、ラインの距離比率も 1:13 です。詳しくは「158」参照
追記次項として、89度で、交差している事実を挙げておきます

12:1距離比率で、直角に交差するライン。
ペルセポリスから、明治神宮を通過して、CP-KL に至ります
Yuracと、与那国海底遺跡を繋ぐ重要なラインです。6:1の比率が二つ重なる意味も大きいです
詳細は、二枚の図をご覧ください

Yuracの巨岩の削り方と、与那国海底遺跡は、とても良く似た加工手法が採られています


http:// 



[159] Ishtar Gate to Meiji-Jinguu line

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2017年 2月 9日(木)18時54分11秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

はやし浩司さんYouTube動画#1497+1395の中にイシュタールのことなどが、公開されています
イシュタール、イナンナ、とJOMON GODDNESS、そしてSumerian Goddness
強い関連性がある。。と

自分の地元でもある、渋谷区にある明治神宮。その,no1大鳥居から表参道交差点までの表参道が
いったい何処を向いているのか?調べてみました。すると簡単に解けました!
バビロニアのイシュタール門。其処から表参道交差点までを直線で繋ぎます
no1鳥居までの距離は、8411km=124UFO
   1UFO=68km と仮定しています。68kmは、およそ火星直径の1/100です
表参道交差点、明治神宮の第一鳥居、Ishtar Gate、これら三者は、一直線上に存在しています
 しかし、人間には、それらを確認することさえ ごく最近まで不可能でした!
表参道は 1.2km以上の長さが在ります。これほど合致するのは数学的に考えて凄い事実と思います
つまり、明治神宮の表参道は→古代バビロニア、特にIshtar Gateを意識して建立されたものだ
 Ishtar,Inanna、JOMON,銅鏡、そして 天皇 の強い関連性を感じます

いわゆる、16枚の菊花は、実在せず。古代バビロンの紋章で太陽を意味するものが、極似であると
はやし浩司さんYouTube動画#870の4:20 に在ります。
上記の3地点が直線上に位置する事実は、この紋章が太陽の意味であることを
静かに語りかけていると思います。

次に、明治神宮本殿は何処を向いて建てられたのか?を調べました。
すると、約70kmの南方の一点が怪しいと判りました。仮に CP-MJ とします
CP-MJ →35-02-38-61 N, 139-46-50-59 E
そのナスカポイント、 NAZCA point →14-41-42 70 S, 75-08-59-55 W,  何と 高家神社と同一点です
CP-MJ とは?
この交点はマチュピチュの太陽石と、屋久島の天柱石を繋いだ直線。距離比率=1:16
イースター島の火山と恵那神社を繋いだ直線。距離比率=1:65
 この2ラインの重要な交点です。
恵那神社→35-26-36-00 N, 137-32-01-67 E
   NAZCA point→14-41-36-43 S, 75-07-10-55 W
なお、CP-MJ と 明治神宮本殿、恵那神社の構成する角度は、ピタリ、90度です
距離比率は、198kmと70km →およそ 1:3

神社、神殿などの参道方向は、古代遺跡の関連性を物語る! と はやし浩司さん動画で教えて頂きました
まさに、この直線はその重要さを伝えていると考えています
純真な気持ちで繋ぐと、、中学生でも、同じ回答を得ると思います。









 

http:// 



[158] (再)青森の人面石、GIZA、Baalbeck、山内丸山遺跡

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2017年 2月 1日(水)16時28分24秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

ふと気が付いたら、GIZAとバールベック神殿、そして三内丸山縄文遺跡を繋ぐライン。
その延長線上に 12km進んだ位置に、青森の人面石が在ると知りました。

浜の明神が、航路石のような航路案内となっているのも既に公開した通りです
十三湊、とても重要な意味を含んでいるのを、地元の人々は知らないと思いますが
GIZA~三内丸山遺跡ラインを、バールベック神殿が見事に1:13の距離比率で分割している
そのことを明示しているのが、十三湊の地名だ、と感じています


ps:サーペントマウンド~石舞台ラインが、この三内丸山遺跡の1km西側を通過している事実
   これも今回の再検討で判明しました。縄文遺跡の素晴らしさを改めて感じています
 なお、GIZA~三内丸山ラインと、サーペントマウンド~石舞台ラインがほぼ直交(92度?)で
 あることも、ペンディングしておきます。相互関連の深さを暗示しているのかもしれません

http:// 



[157] 八咫烏神社、Baalbeck、厳島神社、関連詳細版

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2017年 1月15日(日)13時38分2秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

前項の詳細図です。

Demchig Hiid で検索掛けると、Demchigの近隣位置なので分かり易いです
妊婦石の股点~Demchigの二つの壁角を通過して、厳島神社の真上を通過します

南米の洞窟(Dolmen?)
これはNAZCA~南極点ラインの距離比率2:1地点です。
 NAZCAポイント→14-41-12-06 S, 75-06-21-13 W
  この滑走路は他の滑走路の下側、とても古いようです。消えかかっています
 エイリアンが初めに南極に飛来して、次にNAZCAをハブ空港に定めたような経緯を
 はやし浩司動画のNAZCA滑走路の内容編で知りました。NAZCAポイントと南極点を
 繋いでラインに沿って探索したときに見つけ出した洞窟です。
 今回の妊婦石股点からの長いラインが、厳島神社本殿、Demchig、、
 そして、この洞窟を通過している事実などから、重要なドルメンかな、と思います
 南米の洞窟→43-34-30-20 S, 74-47-38-54 W
  最近、気付いたこと→Demchigの反極点付近です

ps。Demchig~Machu Pichu を繋ぐと、北極点を挟んで距離比率2:1です
   何故か北極点とのズレが50km有る。そこで地球自転軸のブレ→25800年の周期
   を思い付きました。北極点の周囲に、多角形を示す多くのラインの交点の図
   考察→銅鏡に、北極点中心のレリーフが多く在る理由のひとつ?
      この星はブレて廻る。北極点は、固定点では無いぞ、と示唆しているのかもしれない
      北極星がピラミッドの細い穴からズレている事実も、地球歳差運動の証


http:// 



[156] 八咫烏神社、厳島神社

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2017年 1月 7日(土)03時18分49秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

いつものように、著作権放棄です。

前回、ラインのGPS表示で妊婦石から西方向へ進んで、南北の奴隷収容所を繋いだラインとの交点を
南北の真半分点と記述しましたが、間違いでした、訂正します。正しくは 2:3の距離比率でした。
 2枚の絵図の内容はほとんど同一です。左側の交点Dのことです
見方
下の右端の、NAZCAポイントからスタートして八咫烏神社に向かいます。そして120度の角度に
曲がってバールベック神殿へ向かいます。距離比率はおよそ 1:2です
更に880m進むと、妊婦石の股点からGulf of Californiaへと向かうラインとの直交交点です
494m南下すると、妊婦石の股点です。西方向へ進むと、南北奴隷ラインの2:3内分点です
東へ進むと、Demchig です。ほとんど無名かもしれません。検索には→Demchig Hiidが便利です

新たに判明した事実
股点からDemchig、更に東進すると、やがて厳島神社の本殿の真上を通過します
そして、南米の洞窟に至ります。更に突き進むと、世界一周して元の位置に戻ります
それぞれの遺跡などの位置から、距離比率を求めると、絵図のようになります

NAZCAから八咫烏神社のラインを、距離比率1:47で内分する地点、
それが、埼玉県飯能市久須美の巨石(磐座)白髭神社分社と寄り添って建っています
偶然、探求の始まりポイントに ふと再会したような印象です。
諦めずに、はやし浩司さんのナスカライン理論を自分なりに勉強して頑張って来て
良かったです。はやしさん、皆さんに、感謝しています

神は精神的なものでなく目の前に見える実像だった、だが、人間では無かった!
これをキーワードにして、、距離比率を考えていきます

自分に分からない部分はともかく、興味ある分野は頑張ります。これからもどうぞよろしく




http:// 



[155] Yurac RumiとApollo神殿の関連を捉えた

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2016年12月30日(金)01時40分43秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

いつものように、著作権放棄、はやし浩司さんのYouTube動画に基づいて考えています

ギリシャ文明の遺跡では、パルテノン神殿が有名ですが、パルテノンの意味は”処女生贄”だと
神殿の四隅に、その部屋が在るとのことです。Wikipediaに載っています。
でも最大の遺跡はDelphiの遺跡群、重要な神殿がアポロ神殿だそうです

ここからが本題です
アポロ神殿の方向は恵那神社であると、既に、この掲示板に先日記述してあります
では、NAZCAポイントとアポロ神殿を繋ぐラインは如何なるものか?を調べました
浮かび上がってきたのは、巨大な自然石を正確に刻み付けた古代遺跡、Yurac Rumiです
其処は、まるで、刻み加工の実験的な処だったような印象です。ポポケア遺跡の丸蓋の摘み
のような形状が有ったり、マチュピチュの精巧な刻み巨石の四角い出っ張りそっくりな形状や
階段、その他沢山の実験的に刻み跡が残っています。だがポツンと存在していて
他の古代遺跡との関連を決めつけることが出来ていなかったように思います

1.ズバリ、今回、NAZCA、Yurac Rumi、Delphi 三つの遺跡群が距離比率1:39 という
  簡潔さで一直線上に関連していると確認出来ました! Yurac Rumiを捉えたと思います
  追記:Pantalica百穴ラインも、ほぼ直近を通過しています。

2.Apollo神殿の直下に、Delphi石棺が存在している事実。ルクソールの、肩が剥がれ落ちた石像。
  せんじつ、はやし浩司さんのYouTube動画で いわゆる”ミロのビーナス”像→アフロディーテ
  の大理石像は、一部が剥がれ落ちていて、見えないはずの、異質な素材が覗いて見える、と
  ありました。偶然なのか?類型を探し出せたようです
  ルクソールの、この石像の肩下辺りが、同様に?がれています→25-52-30.39 N, 33-31-50.28 E

     (考察)モノクロ画像の為か下地の素材感まで把握出来ません。が無垢の石材から削り出したのではなく
  ひと廻り小さな骨材の上に、フェイク造りで結合剤と仕上げ材の練り物をペタペタと盛り上げた
   或いは、たくさんの型枠を準備しておき、流し込んで造った”コピー量産品”の可能性が高い
  日ごろ、石材屋さんの友人とも仲良いので、店頭のきれいな量産品の石像の造り方を訊いたら
  モールド工法=結合剤と粉末状の石材を美形型枠に流し込んで振動掛けたら簡単美形となる、と
  3Dプリンター手段よりも遥かに簡単!とのこと。ルクソールの”そっくり石像群”も然りかな
  訊いて、なるほどと思いました。歯科の入れ歯などでもロストワックスで一品造りしているし、
  型枠をプラスチックなど使い、比例寸法で造れば、量産はとても容易い。
  表面に大理石などの特有の模様の無いのがひとつの見分け方だそうです。混ぜるから均質化!
  タイ焼きみたいに型枠に欠陥有ればそのまま、そっくりな位置に同じ笑窪が出来てしまうわけだ(笑)

  Delphi(Apollo)~ミロス島のビーナス~ルクソール。距離比率→ 1:4
  ASSOS、Apollo神殿、ミロス島、の3か所の相互の距離は351km前後でほぼ同じ
  つまり、正三角形となっています。未だミロス島から石棺は発見されていないようだけど
  アフロディーテ発見地は、骸骨だらけの洞窟内部から見つかったという事実も分かりました
  なお、看板の位置は、 36-44-18.27 N, 23-25-37.05 E

3.Apollo神殿とミロス島のほぼ中間点をJAPAN LINEが通過しています
  法隆寺の仏像などに、ギリシャ風な影響が見えるのは、この経路ゆえかもしれない
  37-35-05.51 N, 23-27-37.05 E

4.添付図の左上に、NAZCAポイント~Yurac Rumi ~Apollo temple
   ラインを繋ぐ。それらは一直線上に 距離比率:1:39 で存在しています
   距離比率:1:39 と云えば、有名な古代遺産の
   NAZCA~マチュピチュ~バールベックの距離比率1:39と同じです

5.ESRからASSOSへラインを」繋ぐと、34:1の距離比率でミロス島が在ります
  総距離は12001km。
  そして、距離比率1:3となる、2972km地点の交点には
   Lumbini~MK岩2~六ケ所村役場
  のラインが通過しています。両端ともに、既にNAZCAポイントデータはUP済みです

6.MK岩2:ナビビアのMK岩2と、法隆寺の弥勒菩薩頭髪の同形を繋ぐ
  その直線は、厳島神社本殿の真上を通過します。もうひとつのMK岩1はオーストラリアに
  在ります。MK岩1と2を繋ぐと、その延長線上に、世界最大の銅鉱山採掘場を通過します
  のちほど、詳細をUPする予定です

7.NAZCA、ESR、Preah Vihear、三か所の距離比率も、実は1:2になっています。

ひとまず此処まで
  

http:// 



[154] 妊婦石ラインの修正

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2016年12月28日(水)05時20分30秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

先日の、公開内容で、妊婦石から南西方向へ伸ばした先の記述が間違っていました
古代奴隷ラインの真半分地点へ至る。此れを訂正います
古代奴隷ラインを3:2に距離比率で分割する交点D:15-53-29.54 N, 10-48-32.22 E
とします。

なお、その後に探求の結果、追加すべき新たな真実も浮かび上がってきました
別図を参照してください。まずはその先へ伸ばすと、南米の洞窟(ドルメン)を通過します
ややズレますが、わずかです。そして17468km先で厳島神社本殿を通過しています
更に 前述の Demchig Hiid の壁の角を2か所通過して妊婦石の股点へと戻ってきます

八咫烏神社の社務所? 34-30-10.43 N, 135-56-48.41 E
本殿は森の中程で、バールベック神殿方向に60mぐらい進んだ位置のようです
 8735kmほどの先で、バールベック神殿。1km弱先で、妊婦石股点からGulf of California
へと伸びるラインと直交交差しています。直交点→ 34-00-08.34 N, 36-11-47.43 E

この神殿の入口に、羽根の生えた大きな守護神が2体在っていた写真を印象的に覚えています。
それで鳥と神殿の関連を調べたわけです
NAZCAポイント:14-41-37.11 S, 75-07-14.08 W
この出発点からは、西都原古墳、恵那神社、高幡不動尊、丹沢の大山阿夫利神社、亀山湖の熊野神社
などへのラインも重なっています。八咫烏神社で120度に折れ曲がって、バールベック神殿を目指します
やはり関連が濃いと思いました

http://ま



[153] 訂正、数点有りです

投稿者: JSB(yukio yamakawa) 投稿日:2016年12月27日(火)18時01分45秒 KD125054148189.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

妊婦石を西へ辿ると、奴隷ラインの真半分地点で交差する、と公開しましたが
クロスポイントを見間違えていました。正とのしくは、モンサンテ巨石とグレートエンクロージャ
の総距離:7756kmを2:3の距離比率え分割した地点で交差しています
3188km、と、4568km です。

Sippar , Nippur,   , どうも書き間違えること多くて、Sippur, Nippar などと ミス記述が有ります
お詫びして訂正します。

アテネ神殿が、恵那神社を向いて建っている→正しくは、アポロ神殿です
Delphi  デルファイ、デルフィーなど、言語の違いかな、発音は各種あるようです
GPS表示は正確です! アポロ神殿の直近に、Delphi食人石棺が有ります

ps:考察
Delphi食人石棺からミロス島のアフロディーテ発見地まで、220km→4UFOです
それぞれ別の、ASSOSへ向けての2つのライン上に存在しています。




http://ま


レンタル掲示板
162件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.